ヨシカネタクロウ

 

1974年 (昭和49年) 9月17日生まれ

山口県防府市出生

愛知県豊明市出身

シンガーソングライター

​音楽プロデューサー

​ラジオパーソナリティー

豊明市広報大使 (第1号)

略歴

 

2010年

 バンド活動を経て、シンガーソングライターの活動をはじめる。

2012年2月

 東日本大震災復興支援チーム「がんばっぺし☆なごや」に参加。

 主に岩手県陸前高田市の仮設住宅へ訪問し「みんなで唄う音楽会」を定期的に実施。

 以降、東北屋台村でのステージ出演等 現在までに復興支援関連のイベントでの出演多数。

2013年

 病気や障がいを持つ子供たちと家族を応援する「スマイルシェアプロジェクト」に参加。

 応援ソング「そして未来で手をつなごう」「未来はスマイル」の作曲を担当する。

2014年

 東日本大震災復興応援ソング「ありがとう」が ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社の

 テレビCMソングに起用される。(2014年〜2017年の4年連続)

  JOYSOUNDにて楽曲「ありがとう」のカラオケ配信がスタートする。

2016年

 名古屋MID-FM76.1のラジオ番組

 「サッポロビールプレゼンツ よしかねたくろうのありがとうディアフレンズ」の放送スタート。

 豊明市文化会館大ホールにてスペシャルワンマンコンサート「ありがとう、ふるさと。」を開催。

 動員数600人以上のコンサートを豊明市民の皆さんのご協力で成功させる。

 豊明市長より第一号の「豊明市広報大使」に任命される。

 

2017年

 愛知県小牧市にてインディアン吉田氏の主催 東日本大震災追悼イベント

「アースデイいわき2017 in 小牧山」の​イベントテーマソングとして「ふるさと」が起用される。

2018年

 アーティスト名を「よしかねたくろう」から「ヨシカネタクロウ」に改名。

2019年

 八王子FM「富田京子の勝ち抜き!生歌オーディション!」にて10週勝ち抜き

 初代チャンピオンになり 2020年3月メジャーデビューの予定。

「ありがとう」の一言が

世界を変えるかもしれない。
そんな想いを唄い奏でる

ヨシカネタクロウ。
最後の色を塗る瞬間まで

「ありがとう」を届けます。

 LOVE & PEACEをテーマに、独自の視点からそれを唄にしていく愛知県豊明市出身のシンガーソングライター。

豊明市広報大使(第一号)。MID-FMパーソナリティ。

2011年の東日本大震災後、岩手県陸前高田市の仮設住宅をまわる中、

自分の目と耳と鼻で感じた現地の人々の様子から、応援ソング「ありがとう」を生みだし、

後にポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社のTVCMソングとして2014年〜2017年の4年間放送される。

2016年には、地元 豊明市文化会館大ホールにて、

陸前高田市の仮設住宅に住む人々から教えてもらった「ふるさとがあるというありがたさ」をテーマに単独コンサートを開催。

600人以上の観衆の中、ふるさとや家族を大切にしていこうとそれらを音楽で表現した。

自らの演奏活動をしながら、数多くのアーティスト、企業、団体への楽曲提供、プロデュースも手がける。

  • よしかね たくろうFacebook
  • よしかねたくろうTwitter
  • よしかねたくろうInstagram
  • よしかねたくろうLINE@
  • よしかねたくろうYouTube

ヨシカネタクロウ オフィシャルウェブサイト​

​お問い合わせ info@yoshikane@gmail.com

© 2013-2019 by Takuro Yoshikane. All rights reserved.