新しいけど古いCD。

1/19/2018

 

Karen Carpenter のソロアルバム

邦題は「遠い初恋」

先日注文したCDが届いた。

 

この作品は、

1980年にレコーディングは終えていたが、冒険作ということで

リリースに対してリチャードも含め周囲は当時 消極的。

最後は本人の判断でリリースを取りやめた。

そんなお蔵入りしていた作品が1996年9月にリリースされた。

 

冒険作というだけでワクワクしてしまうのは

やはり自分がサウンドクリエーターだからなのだろうか。

カーペンターズの知っている曲といえばヒット曲ばかり。

 

この作品は僕からすれば知らない曲ばかりだったが、

その方が聴きごたえがあるというものだ。

 

古い作品だけど、僕には新しく聴こえる。

そして色褪せないことを確信した。

最高に刺激的。大好きです。

 

そしてこの作品について検索してみたら

参加したミュージシャンは蒼々たる方たちでした。

  • カレン・カーペンター - ボーカル

  • デヴィッド・ブラウン - ギター

  • ラッセル・ジェイヴァース - ギター

  • エリック・ジョーンズ=ラスムッセン - ギター

  • デヴィッド・ウィリアムス - ギター

  • ボブ・ジェームス - キーボード、編曲

  • グレッグ・フィリンゲインズ - キーボード

  • ロブ・マウンジー - キーボード

  • リチャード・ティー - キーボード

  • ダグ・ステッグマイヤー - ベース

  • ルイス・ジョンソン - ベース

  • リバティ・デヴィート - ドラムス

  • ジョン・ロビンソン - ドラムス

  • スティーヴ・ガッド - ドラムス

  • ラルフ・マクドナルド - パーカッション

  • アイアート・モレイラ - パーカッション

  • マイケル・ブレッカー - サックス・ソロ(on 3.)

  • ティミー・カペロ - サックス・ソロ(on 4.)

  • ピーター・セテラ – ボーカル、編曲(on 4.)

     

     

     

     

     

     

     

     

 

 

 

CD(ソフト)の良さはこのライナーノーツ。

配信とかストリーミングにはない付加価値です。

子供の頃からこのライナーノーツを読むことがCD購入後の楽しみの一つ。

インターネットのない時代は本やこのライナーノーツで情報を得ていました。

 

だからCDが好き。

 

時代の移り変わりでCDがなくなるとか、iTunesが音楽配信やめるかもとか

ストリーミングで聴き放題が影響して、

音楽の価値がどんどん下がっていく危機感を感じるけれど

多分僕はCDを作ることをやめないと思う。

 

その理由の一つがライナーノーツも含めたCDに封入されている印刷物。

音楽自体もそうだけど、音楽の歴史や作者の生き方、

そこから紡ぎ出された作品と全てを知って理解を深めてきた。

僕の作品も歌詞カードを見ながら聴いて欲しいというのが作者の希望です^^;

 

みなさんにとっての音楽って何ですか?

 

 

 

 

よしかねたくろう

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

2/2/2019

1/31/2019

9/21/2018

Please reload

特集記事

みなさまへ

September 24, 2018

1/6
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索