top of page

新しいけど古いギター。

2017年の年末にその前の年まで使っていた

GRECOというメーカーのボディと

Chandlerというメーカーのネックをコンポーネントした

ストラトキャスタータイプのギターを下取りにして

Bill Lawrenceと称されたギターを手に入れた。

Bill Lawrenceとは人の名前で

エレクトリックギター用のピックアップの製作者。

1980年代初めから90年代半ばまで、

モリダイラ楽器の販売、モーリス楽器製造の製造でBill Lawrenceと称したギターが存在する。

僕はBill Lawrenceのギターがとても好きになり、

また中学の時から好きなPRINCESS PRINCESSのメンバーもBill Lawrenceを使用していたので存在は知っていた。

その中で岸谷香(旧姓 奥居)さんモデルのギターを昨年はじめに見つけ試奏したところ、

なぜこのギターと今まで出会えなかったのか?

と思うくらい気に入ってしまい

上から下まで真っ赤なテレキャスタータイプのギターを手に入れた。

それからすっかりBill Lawrenceのギターの虜になってしまったのである。

そしてこの度うちにやってきたのは

Bill Lawrenceが1997年に発売した

JamesTylerというメーカー風の

深緑のストラトキャスタータイプのBL3M-75。

Bill Lawrenceのギターで一番気に入っているところは、ジャンボフレット。

左手を軽いタッチで押さえることができ

ボーカルギター向きなフレットだと思う。

そして、ピッキングから音が出るまでのレスポンスが早い。

これはBill Lawrence製のピックアップがゆえだと考えられる。

※BL3M-75はGOTOH製

ここ最近の編曲、レコーディングのお仕事で早速BL3M-75を使い、いい感じの音が録れました。

ライブサポートメンバーにもこのギター使って欲しいなぁ^_^;

ちなみにトレモロアームは使わない(よう使わん)ので花札で動かないよう固定してあります^_^;

さて、2018年もこのギターたちとともに

音楽とそしてみなさんと楽しい時間を提供していきますので

改めましてよろしくお願いいたしますm(._.)m

最後まで読んでくれてありがとうございます♪

よしかねたくろう

閲覧数:139回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page